■ニュースレター『ARUマガジン』の紹介

2008年7月より毎月発行している会報誌です。

活動報告と参加した感想、エッセイや書評など、ひきこもりの若者の思いを活字として情報発信しようと始まりました。

生きづらさを抱える人たちの元へ届いて、何かを伝えられたら、感じてもらえればいいなと思っています。

会員でない方も、下記の施設等で入手できます。

 

主な配架先

(公財) 京都市ユースサービス協会

(公財) 京都市ユースサービス協会子ども・若者支援室

京都市内の7ヶ所の青少年活動センター

京都若者サポートステーション

宇治(京都南)若者サポートステーション

京都府家庭支援総合センター

■ブックレットの紹介

勉強会で発表した自分史に加筆したものをまとめて、ブックレットとして発行しました。

ひきこもりを経験した5人の若者による苦悩と葛藤の報告。

同じような悩みを持つ若者や家族に向けた強烈なメッセージです。

ブックレット表紙

今、ひきこもり状態で、つらく、嫌な思いをしているあなた!

自分はそんなに簡単に出られないと思っていませんか。

自分にあった職業を見つけられなければ

出られないと思っていませんか。

ひきこもり状態の若者が家にいて何とかしたいと思っている

お父さん、お母さん!

社会的に活動し始めた若者に対して、

「どうして出られるようになったのですか」

「親に対してどのような思いを持っていますか、親をゆるせますか」

と聞いてみたいですよね。  (本文より一部紹介)

ひきこもってよかった

暗闇から抜け出して

2012年4月初版発行

株式会社クリエイツかもがわ

定価:本体1,000円 + 税

全100ページ/A5判

京都ARU、書店、オンライン書店でお求めいただけます。

ブックレットご注文はホームページからも可能です。